発毛剤と育毛剤の違いについて

「育毛剤」と「発毛剤」。一見似ているこれらの違いを正しく理解している人は案外少ないものです。育毛剤と発毛剤はどのように違うのかをまとめてみました。育毛剤と発毛剤の違いを正しく理解し、ご自身にあったものを選ぶ参考にしてみて下さい。

発毛剤と育毛剤の違いについて

発毛剤とは

発毛剤は、「髪が抜け落ちた頭皮に新しく発毛させる効果を持つ製品」です。髪の根元には毛母細胞という髪の元になる細胞があります。この毛母細胞に直接働きかけて発毛を促したり抜け毛を減らす効果が期待できるものが発毛剤です。

育毛剤とは

育毛剤とは「今ある髪を抜けにくくして、しっかりとした毛に育てる効果をもつ製品」で、字の意味そのまま捉える感じです。「毛を育てる」という意味合いを持つものが育毛剤と認識していいでしょう。どちらかといえば髪にハリを取り戻して抜け毛を予防し、将来的に薄毛にならないための予防対策と捉えてもいいでしょう。

医薬品と医薬部外品の違い

発毛剤と育毛剤の違いの特徴のひとつに、医薬品と医薬部外品があります。では医薬品と医薬部外品はどのように違うのでしょうか。

医薬品とは、症状の治療と改善を目的とし、医師の処方が必要なものと、ドラッグストアで購入できるものがあります。

医薬部外品は、効果および効能が認められた有効成分が配合されていますが、予防を目的としており、作用そのものは緩やかです。なお有効成分とは、国によってその効果と安全性が認められた成分のことを言います。

育毛剤は薄毛や抜け毛の予防が目的であり、有効成分は副作用の可能性が低いものが配合されているため「医薬部外品」に分別されているものがほとんどで、ドラッグストアや通販サイトで購入できます。

いっぽう発毛剤は予防よりも効果・効能を目的としており医師の処方および薬剤師がいるドラッグストアや薬局でないと購入できません。

副作用について

副作用の現れ方も、育毛剤と発毛剤では違いがあるようです。

発毛剤の有効成分として配合されている有名な「ミノキシジル」ですが、頭皮の痒みやむくみ、動悸などの副作用が報告されています。また不整脈や血圧低下など、循環器にも影響が出る場合があり、慎重に選ぶ必要があります。また「フィナステリド」は男性ホルモンに働きかけて抜け毛を抑えたり発毛を促進する効果が期待されますが、性欲減退などの副作用が報告されています。

これに対し、育毛剤は血行促進を目的としたものがほとんどで、副作用もあまり報告されていません。

このことからわかるように、発毛を目的とした発毛剤と、頭皮環境を整えて抜け毛予防を目的とした育毛剤では副作用の影響が異なるということです。

自分の頭皮の状態に応じたアイテムを選ぶこと

発毛剤と育毛剤の違いについてお話しました。似たような名前でも、その効果や目的、副作用などは全く異なります。大切なことは、ご自身の頭皮の状態に応じたアイテムを選ぶことです。例えば、既に抜け落ちてしまった髪にいくら育毛剤を使ってもあまり大きな意味はありません。今ある髪を大切にして抜け毛を予防し、将来に備えたい場合は育毛剤を選ぶなど、ご自身の状態をきちんと把握した上で適したものを選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする